アテンザワゴン レーンキープ機能とレーダークルーズコントロールを試してみた

こんばんは、中の人あつです。

本日所要で往復250Kmの高速道路走行をしてきました。せっかくですからレーンキープ機能とレーダークルーズコントロールがどんなものかを使用してみたのでそのレポートを。

少々眠気が襲ってきているので支離滅裂な文章なのはご勘弁ください。あ、いつものことか・・・

MRCC

レーンキープ機能

レーンキープ機能はレーンキープ・アシスト・システム(LAS)にセット、車線中央維持のことですね。車線逸脱警報システム(LDWS)との違いはハンドル操作をアシストするタイミングが早いか遅いかの設定を変更するだけです。

高速道路に乗った後にレーンキープ・アシスト・システム(LAS)のスイッチをオンにするとその後はハンドルに軽く手を添えているだけでクックッと自動で操舵される感覚が手に伝わってきます。

ある程度ハンドルに荷重をかけておかないとハンドルを握っていないと判断されるようで、2度ほどハンドルを握ってくださいと警告されました。

車線変更をするためにウインカーを出している間はレーンキープ機能がキャンセルされ、ウインカーを消すとまた復帰してくれます。

車線をトレースするように自動でハンドルが操作されるのは不思議な感覚ですね。

レーダークルーズコントロール

マツダレーダークルーズコントロール(MRCC)は前車との距離をレーダーで測距しながら追従走行をしてくれます。

35~115Kmの間でしか動作しないので、アイサイトの様な全車速追従とは違いスムーズに流れている高速道路専用の機能ですね。

本日レーダークルーズコントロール(MRCC)を使用してみてハッキリわかりました。

オプションで設定されているならば絶対付けとくべき!

前車MPVにはPIVOTのクルーズコントロール機能付きスロコンを取付ており、高速走行時にはクルーズコントロールを使用することもありました。

しかし設定した定速を維持するだけなので常にブレーキペダルに軽く足を乗せているような状態で、前車に合わせてブレーキを踏んでクルーズコントロールを解除して速度を落とし、またオンにして定速走行に戻るなどという動作を繰り返さなければいけませんでした。普通にアクセルペダルを踏んで自分で速度調整をしている方が楽なんじゃないかと思うくらい足に負担がかかっていましたよ。

でもレーダークルーズコントロール(MRCC)はオンにして最高速度を設定したら、その後はいつでもブレーキが踏めるよう待機しておくだけで良いのです。楽でしたわ~。

高速道路でもガンガンアクセルを踏み込んで人馬一体の走りを楽しむぜ!という方には必要ないのかもしれませんが、高速道路は単なる長距離移動用道路で出来るだけ楽をしたいと思う私のような方にはおススメの機能です。

今日はレーンキープ・アシスト・システム(LAS)とレーダークルーズコントロール(MRCC)で半自動運転を味わうことが出来、技術の進歩を実感した一日でした。

あ、オーバースピードでカーブに突っ込んでもリカバリーはしてくれないと思うので、適正速度は守りましょうね。

本日の燃費(満タン方計測)

走行距離 約250Km

消費燃料 13.97L

燃料費 1,648円

燃費 17.9Km/L

安い・・・ハイオクのMPVなら4,000円ちょっといってたはず・・・

スポンサーリンク