アテンザワゴン ルーフボックスの取付

こんばんは、お久しぶりです。中の人あつです。

GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?私はくるま弄りもひと段落してしまいましたので、ひたすらドライブ等を楽しんでいました。

さて、今回はこれからのキャンプシーズンに向けてルーフボックスの取付を行いました。

DSC_0690

今回取付を行ったのは4~5年前に購入したINNO BR440-BK リッジトランク ワイドです。当時のINNOルーフボックスの中でも最大級の積載容量を誇る物で、左右両開きで使い易いです。

ただ発売時期が古いため、THULEのウイングバー等幅広のシステムキャリアに取り付けるにはINA90というオプションが必要になります。

取り付け位置は後端ギリギリ、積み下ろしを考えて左側にオフセットさせることにします。

まずは前後位置を決めるためにリアハッチを開けたままルーフボックスを仮置きします。この程度の隙間が有ればリアスポイラーがルーフボックスにあたることも無いでしょう。

DSC_0675

INA90を使用してTHULEウイングバーに仮固定します。

DSC_0680

心配だったシャークフィンアンテナとの干渉も無く良い感じです。

DSC_0682

次に左右位置を決定します。左に寄せるとこんな感じになりました。

DSC_0677

あとは偏りや歪みが無いかを確認・調整をしながらINA90のノブを固く回して固定します。

時々システムキャリアやルーフボックスの取付金具の増し締めはしましょうね。

取付後、近所のSCにて、、、

ルーフボックスを取り付けてもトヨタのノア・ボクシーより車高が低いですね。これなら街中の立体駐車場で困ることも無いでしょう。

DSC_0691

半年間はこのままの姿で街中を走り回ります!

アテンザワゴン オプションを考える4
こんばんは、中の人あつです。 三連休はいかがお過ごしだったでしょうか。私は昨日往復250Km程度のドライブに行ってきました。 さて、アテ...
スポンサーリンク