悔しい!凄いぞ マツダの最新安全装備

こんばんは、中の人あつです。

今さらの記事になりますが、車選びの為にここを訪れてくださる方もいらっしゃるようなのでアテンザの良いところアピールを。

後期型アテンザワゴン

2016年8月にMCを実施したアテンザですが、初期・中期ユーザーにとっては羨ましい進化を遂げています。この記事を目にされた方も多いかと思います。

【MAZDA】「マツダ アクセラ」、2016年度自動車アセスメント予防安全評価において最高ランク「ASV++」を獲得|ニュースリリース

マツダからは代表でMC後アクセラが参加していますが、なんと全車中トップの成績を獲得しました。あの上位常連スバルの「アイサイト」を押しのけてですよ?

最高得点を獲得出来た理由は「i-ACTIVSENSE」が進化して「歩行者対応自動ブレーキ」機能を搭載した事があげられます。

後期アテンザも同じシステムを載せているので、中期アテンザワゴンユーザーで新しもの好きの私が悔しがらない筈はありません。なるべく目に触れない様にしていたのですが、どこが違うのだろうと少々調べてみたくなりました。

アドバンストSCBSって?

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)とは従来のスマート・シティ・ブレーキ・サポート(旧SCBS)で採用していた赤外線レーザーを単眼光学カメラに変更し、認識性能を向上させたものです。

赤外線レーザーの欠点は極近距離(6~8m程度)でしか対象物を検知することが出来ないため、(対車両:約4~30km/h走行時)と非常に限定された速度域でしか動作しないことです。また、歩行者を検知する程の精度も持ち合わせていません。

15km以上は「スマート・ブレーキ・サポート」(SBS)と呼ばれるミリ波レーダーが作動しますが、歩行者や細かい対象物を検知出来ない弱点があります。(そのかわり視界が悪い悪天候等に強い利点がある)

アドバンストSCBSの作動範囲は(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)となっており、検知対象に歩行者が含まれるとともに動作速度域が大幅に向上しています。

光学カメラで対象を検知するので悪天候時の動作に懸念は有りますが、SBSと組み合わせると非常に有効な衝突防止システムになっていると考えられます。

また光学カメラを搭載したおかげで「交通標識認識システム」も機能追加となっており、アクティブ・ドライビング・ディスプレイの情報量が増加しています。

旧型アクティブ・ドライビング・ディスプレイ


新型アクティブ・ドライビング・ディスプレイ

今まで衝突防止システムと言えば「アイサイト」が代名詞の様になっていました。もちろん「アイサイト」も来年早々Ver.4をリリースする予定で、ますます高性能になってくるでしょう。スバルがアイサイトとミリ波レーダーを組み合わせるようなことがあれば光学カメラ式共通の弱点である悪天候にも安心のシステムになるんだろうなぁ。

私が車選びで迷った時、アウトバックにはなかったレーンキープ機能も2016年改良で載せてきました。マツダの弱点はスバルが実現している全車速追従機能付クルーズコントロールを実現出来ていないことです。今車選びをするとしたらどちらを選ぶかわからない状況ですね。

スポンサーリンク