マツダ アテンザワゴンに物申す!

こんばんは、中の人あつです。

歴代MPVオーナーとしてマツダの情報はある程度入手しています。現在のラインナップでMPVの代替車になれそうな車種は『アテンザワゴン』『ビアンテ』の2車種になります。『ビアンテ』に関しては運転支援システムの設定は無く今回の車種選定では早々に落選していますので『アテンザワゴン』一択となりますね。既に点検で訪問した際にマイナーチェンジ後のカタログは入手済みです。

atwgn1

スポンサーリンク

アテンザワゴンについて調べてみる

運転支援システムについて

『アテンザワゴン』はマツダのフラッグシップだけあってマツダ最新の運転支援システム『i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)』が搭載されています。

【MAZDA】セーフティ|Be a driver.
“走る歓び”は、確かな安全性の上に生まれる。マツダの安全性能についてご紹介します。

マツダはスバルの『アイサイト』と違い、光学式カメラとレーダーを併用している様ですね。

今回の選考基準に対応するシステムの名称は以下の通りです。

  • 衝突回避ブレーキ機能

スマート・シティ・ブレーキ・サポート&スマート・ブレーキ・サポート

  • クルーズコントロール機能

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール

  • レーンキープ機能

レーンキープ・アシスト・システム

Ver.3まで熟成を重ねたアイサイトに対抗出来るシステムになっているのでしょうか?是非とも試乗で確認してみたいところです。

荷室幅についてはホイールハウスの出っ張りが大きくちょっと不安なところですが、機会があれば実物を持ち込んで積載出来るかチェックさせてもらいましょう。

ディーゼルエンジン

こちらについては評判良いみたいですね。今のMPVがハイオク指定かつ実質燃費10Km/l未満なので軽油になればかなりの燃料費節約になりそうです。

しかし、マイナーチェンジ後の『アテンザワゴン』はもっと別のところに大きな問題を抱えていました。

大問題!マツダコネクトしか選べない

最近のマツダはマツダコネクト推しなんでしょう。でもマイナーチェンジ前には保守部品を使えば他社カーナビを載せることが出来るという情報を入手していました。しかし、マイナーチェンジ後はダッシュボード周りが一新されマツダコネクトの画面がインテリアの一部になっており、他社ナビを載せることが出来なくなってしまっています。

atenzawgn2

後席の家族用にリアモニターを付けようと思っていたのですが、映像出力さえ付いていないようです。そういうニーズが有る家族持ちはビアンテやプレマシーにしとけってことでしょうか?

一応抜け道はあって、以下の2つのユニットを取り付ければ走行中にも後席でリアモニターが使えるようですが、HDMIで映像出力出来るカーナビがあるこのご時世にRCA端子のみというのもどうなんでしょう。

※アテンザ用はVHO-U66の様です。以前はVHO-U55としていましたが更新いたしました。

ちょっとディーラーに殴り込みで詳しく聞いてみるしかないですね。

スポンサーリンク