マツダコネクト USBメモリに音楽を入れて聴く

こんばんは、中の人あつです。

マツダコネクトで音楽を聴く場合、スマホをBluetooth接続、またはUSB接続するか、USBメモリを使用することが多いかと思います。

私は64GBのUSBメモリを使用しているのですが、32GB以上のUSBメモリを真っ新にフォーマットし直して音楽を入れなおしたらマツコネが認識してくれずに焦った事はありませんか?私は焦りました。

実はマツダコネクトはNTFSやexFATの形式には対応しておらず、FAT32形式でフォーマットされたUSBメモリが必要です。

しかし!Windowsでは32GB以上のUSBメモリはNTFSかexFATでしかフォーマット出来ません。意地悪ですね。

でもこのソフトを使用すれば32GB以上のUSBメモリもFAT32でフォーマット可能です。

Disk Formatter Ver.2.08

マツコネはUSB2.0までしか対応していませんので安価なUSB2.0対応USBメモリで十分ですが、PCから音楽を転送するのに時間がかかるので価格差が無ければUSB3.0対応USBメモリを購入するほうが良いかもしれません。

私は音楽を入れ直したりする事はあまり無いと思いましたので、安価なUSB2.0対応USBメモリを使用しています。殆ど在庫が無くなってきていますが、シリコンパワーのUSBメモリは親指の先程度の大きさで挿しっぱなしでも邪魔にならなくて良いですよ。

USB3.0対応メモリも安くなってきました。

CDからのリッピングやプレイリストの作成には無料のMediaGoを使用するのが便利です。

mediago

iTunesやWindowsMediaPlayer(WMP)が有名どころですが、USBメモリに音楽を転送して使用するには使い勝手が良くありません。

MediaGoはFLAC形式(可逆圧縮)で取り込みが出来るので音質の劣化を気にする事はありませんし、グレースノートで曲名を自動で取得してくれるので便利です。(WMPの曲名自動取得は二度と使いたくないくらいポンコツでした)

また、転送先にUSBメモリを指定できるのも便利ですし、設定しておけば転送するときにマツコネが対応しているMP3かAAC形式にエンコードしてから転送してくれます。私はAAC形式で転送するように設定しています。

さらにMediaGoで作成したプレイリストがそのままマツコネで使用出来るのがおススメする一番の理由ですね。プレイリストをUSBメモリに転送するだけでマツコネが認識してくれます。

スピーカーも交換する予定ですし出来るだけ高音質の音源を作っておこうと年始のお休みを利用してCD100枚超をリッピングしなおしましたが、取り込みも高速で助かりました。

昔はHDDやメモリの容量を気にしてMP3の128kbpsでリッピングしたりしてましたが、最近はHDDの単価も安くなり容量を気にする必要が無くなりましたから全曲FLAC形式でリッピングし直しました。音楽DBを作り直すいい機会になりましたよ。

マツダコネクト USBメモリ容量の目安について
マツダコネクト USBメモリ容量の目安について
こんばんは、中の人あつです。 TUTAYAのまとめ借り割引は怖いですね。いつの間にかリッピングしたCD数が179枚、曲数2,405曲にまで...
スポンサーリンク