マツダコネクト 「2016年秋版地図データ」の更新作業

こんばんは、中の人あつです。

マツダコネクト「2016年秋版地図データ」の配信ですが、告知されていた12月13日を待たずにフライングで始まりましたね。お昼頃にはすでにHPの画像が「2016年秋版」となっていたのでもしやと思ったのですが・・・。早速更新作業をしていきます。

事前確認

前回の記事にある確認事項に加え、SDカードの部品番号を確認します。

マツダコネクト 「2016年秋版地図データ」12月13日配信予定
マツダコネクト 「2016年秋版地図データ」12月13日配信予定
こんにちは、中の人あつです。 マツダコネクトの「2016年秋版地図データ」配信が12月13日(火)から開始されると告知が有りました。 ...

SDカードを抜き差しする時は車のイグニッションはオフにしておきましょう。アテンザワゴンのSDカード収納場所はひじ掛け収納内の赤○で囲まれたココです。蓋を開けてSDカードの頭を押すと取り出しやすい位置に出てきます。

SDカード上で部品番号を確認する場所は赤枠で囲まれたココです。

対象の部品番号であれば更新作業に入りましょう。私のSDカードは末尾が「A」なので更新対象ですね。

[部品番号:G46Y 79 EZ1*(※)]をご利用のお客さま
※末尾の文字(*部分)はお客さまによって異なります(9 桁目まで共通)。
*が「空白」または「A」または「B」の SD カード PLUS が対象となります。

地図データ更新ツールの準備

プログラムのダウンロードは以下のURLからどうぞ

TOP

ダウンロードが完了したら”MazdaMapUpdate.exe”をダブルクリックして解凍します。

途中セキュリティの警告画面が出てもそのまま”実行”ボタンを押せばOKです。

自己解凍式なので展開先のフォルダを指定してやれば自動的に”MapUpdate”というフォルダが展開されます。

展開先はどこでも良いのですがデスクトップ上がわかり易いでしょう。

更新作業

展開された”MapUpdate”フォルダ内にある”MapUpdate.exe”をダブルクリックして更新ツールを起動します。

更新ツールが起動したらSDカードをPCに挿します。

挿した時に「フォーマットをする必要があります」や「フォーマットしてください」等のメッセージが出ても絶対にフォーマットしてはいけません!私の環境でもメッセージが出ましたが、無視して”×”ボタンで閉じそのまま更新ツールを実行して問題ありませんでした。
マツダコネクトFAQより

Q.SDカード挿入後に「フォーマットをする必要があります」、「フォーマットしてください」等のメッセージが表示された場合どうしたらいいですか?

A.絶対にフォーマットしないでください。フォーマットすると、ナビが機能しなくなります。
PCによっては、このような表示が出る場合がございます。対応策につきましては現在確認中です。

※SONY製 VAIOを使用されているお客様へ
内蔵SDカードリーダー/ライターで上記の現象が多数報告されております。外付けカードリーダー/ライターをお持ちであればそちらでお試しください

認識されると下図の様に表示されるかと思います。

一時ファイル保存先には25GB以上の空き容量があるHDDを選択しましょう。指定フォルダは適当な名前で良いです。

全ての準備が完了したら”更新実行”をクリックして更新作業開始です。

更新作業が終わるまでPCの電源を切ったりSDカードを抜かない様にしましょう。思いのほか時間がかかるのでノートPCを使用している方はスリープ突入にも気を付けましょう。

実行ボタンを押したら後は終わるのを気長に待ちましょう。私の場合データダウンロードに20分程度、更新作業全体で40分程度で更新作業は完了しましたが、ネットの混み具合によってはもっと長くなる場合も考えられます。

ここまで来たら検証作業はあっという間に終わります、あと少しです。

”地図データの更新が完了しました。”とメッセージが出るので”閉じる”を押しましょう。

無事完了すれば、”現在の地図バージョン”が”2016年度版”になっているはずです。お疲れさまでした。

念のためSDカードはいきなり抜かずに”取り外し”を選択してから抜きましょうね。上の”フォーマット”は絶対押しちゃダメですよ。

更新内容は以下のURLで公開されています。

マツダコネクトナビPLUS_2016年秋版データーで 追加/変更される主な高速道路変更点一覧

自宅で更新作業が困難な場合はディーラーでも更新作業を行って貰えるようですので問い合わせてみて下さい。

スポンサーリンク