レカロのレストア 作業実施その1

こんばんは、中の人あつです。

「レカロのレストア 補修資材の購入」ではこの週末に補修資材が揃うと言っていましたが実際には先週末の事で、土日はブログの更新も忘れてひたすらレストア作業を行ってしまいました。

実際に作業を行ってみると「思っていたより簡単」という印象でした。もちろん素人作業ですからプロの様に綺麗に出来るわけでは有りません。でも生地を綺麗に洗濯してウレタン補強をする程度ならそれほど苦も無く楽しみながら作業をすることが出来ました。

生地を剥がす作業は知恵の輪の様に難解な箇所もありましたが、なんとか引っぺがすことが出来ました。分解中にプラスチック部分が欠けた箇所が有りましたが、使用上問題ない箇所だったので見て見ぬふりです。コツがわかったので次回??からはもっとスムーズに分解作業が出来そうです。

中古レカロを購入した方・・・絶対にクリーニングしてから使用しましょうね。

recaro2016022202

表からは綺麗に見えた生地も裏面はウレタンが加水分解していて赤茶色のベトベトした屑がいっぱい付いています。

お風呂場で浸け洗いをしてみると・・・・

recaro2016022203

これでも初めにシャワーを駆使して黒い汁が出てこなくなってきてから浸け洗いしたんですよ。何度か浸け洗いを行って、汚い屑が出てこなくなったら洗濯ネットに入れて洗濯機で洗いました。嫁に怒られない様お風呂掃除はしっかりしておきました。

生地を洗濯するのと並行してウレタン補修も行いました。

recaro2016022204

低反発ウレタンを少し大きめに切り出して、スプレー糊を吹き付けた古いウレタンに貼っていきます。糊が乾いてくっついたらハサミで古いウレタンに沿って低反発ウレタンをチョキチョキと切っていきます。複雑な形状のところは複数に切り出した低反発ウレタンを適当に貼り付け摘まんだり押し付けたりして低反発ウレタン同士を密着させ、糊が乾いた後にハサミで成型するように切りました。

乗り降りの際に荷重がかかってウレタンが崩れやすいと思われるサイド部分にはジャージ生地をこれまた適当に切って貼り付けています。

後で気付いたのですが、先にシートヒーターを貼ってから低反発ウレタンを貼った方が座り心地が柔らかく感じられるかもしれません。低反発ウレタンの上からシートヒーターを貼ると固めの座り心地になりました。

スプレー糊は思っていたより大量に使用してしまい、1缶追加で購入しました。ホームセンターで1,400円少々でした。

危惧していたAM19系の弱点なのですが、現状割れていなかったので補強は行いませんでした。ええ、電動ドリルを買って穴あけしてボルトナットで止めるのが面倒になったのです。

あとはエアランバーサポートポンプを新品に取り換え、シートヒータースイッチを取り付けるだけのところまで一気に進められましたよ。

そろそろシートレールの購入を考えなきゃ・・・・

スポンサーリンク